プロフィール

サニー女将

Author:サニー女将
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

やぎ日記  その7

もう参りました。お手上げです。

そして数日後、ついに真相を突き止めました。
軽々と柵を飛び越えていたのです。今まで私たちは隙間を埋めることしか思いつきませんでした。

りんりん⑪

なぜ早く教えてくれなかったの「リンリン」。
長い々々今までのバトルは結局「リンリン」の勝ちでした。
今では平気で軽くジャンプして柵の出入りをしています。苦労して造った柵はなんの役にもたってません。
改修工事は秋になり涼しくなってからからにします。
イスラエル、パレスチナじゃありませんがガザ地区ならぬヤギ地区での停戦です。
「こうき君」「たいと君」期待通りの結果でしたか? 是非横浜から「リンリン」と「マロン」に会いにまた足摺にきてくださいね。
やぎ日記はこれからも時々ブログに掲載いたします。

りんりん⑩

苦労話にお付き合いいただき、ありがとうございました。 

この続きは、左側「リンク」にある「足摺 やぎ日記」でご覧ください。
                                                みっちゃん

やぎ日記  その6

「ええっ~  うっそでしょ!」
いいえ、本当でした。

おっとり刀で小屋に駆けつけますと、あの「リンリン」が得意げな顔(そう見えるんです。)で私を見てます。
そう、あのあざ笑うような顔で。
柵の中「リンリン」をリードに繋ぎ全体を確認してみますが、どう考えても抜ける隙間はありません。
あ~あ、3日前にはあの大工事が完成してるはずなのに・・・

結論は、柵の上から出る。それしかありません。 しかし、杭の高さ目一杯に横板を打ってます。
高さを上げるには?どのくらい上げる? さあまた仲間と作戦会議です。
もうこれ以上追加工事をするのは真っ平ごめんです。今度こそ、このバトルの決着を付けねば、です。

縦に板を上にはり出すように打ち付け、尚且つその上に紐を張り隙間から抜け出せないようにします。
例によって恐怖の防腐剤も塗ります。 前2日とは比べものにならない作業量です。
翌日お客様のチェックアウト後から始め、結局完成さすのに3日かかりました。

やぎ小屋⑤

着工からおよそ1か月、総工費ン十万円、苦労しこの炎天下の中、追加工事、追加工事の末やっと仕上がりました。
確認して出る気配もありません。 まあ出れるはずもありませんけどね。

やぎ小屋④

小屋から連絡通路を通り本館に入ると大浴場のフロアになります。
とりあえず流れる汗を拭き、顔・手足を洗おうとそのフロアの洗面所に入ろうとしたその瞬間です。

気配を感じ、後ろを振り向くと・・・開けっ放しのドアから入ってきたのでしょう・・・
あざ笑っている「リンリン」の姿。  
「ぎゃー!!」 その場にへたり込みました。

                                         みっちゃん

やぎ日記  その5

台風一過。今日は風もなく暑い日差しが照りつけます。
「リンリン」と「マロン」二頭のやぎは、外で草を仲良く食んでおります。

りんりん⑨

余談ですが、もともと「やぎ」を飼育しようとしたのは、私共のホテルの庭が一万坪ほどあり、特にこの時期雑草が多く、「やぎ」に食べてもらい除草の助けにと思ったからです。
でも見ての通り「リンリン」って可愛いでしょう。   「おから」を食べさしたり、好きそうな草や木の葉っぱを摘んできて直接食べさせたり可愛がることこの上なしです。
特に女将が(笑)。
しかし、こうしてお腹がいっぱいになったら「リンリン」当然ながら雑草を食べてくれません。 
その、手から食べさす草を取る役目が私って・・・それはないでしょう。
お気付きの通り、当初の目的から大きく外れてますよねぇ。
結局「やぎ」がいないほうが少なくとも私は楽でしたって感じです。でも可愛いから仕方ないですよねぇ。

りんりん⑧

まあ、それはさておき この日も前日にも増しての炎天下。
黙々と汗をふき々々釘を打ち、匂いのきつい衣服につくと取れない、皮膚につくと痛痒い、やっかい者の防腐剤を塗り
横目でリードに繋いだ「リンリン」をきつく睨み付けながら、やっとのことで作業完了です。
やれやれです。「近所をよんで餅でもばあすか。」なんて軽口を言ったりして・・・
「ばあす」って高知弁ですよね。家を新築し落成の日に近所の人たちを集め、屋根の上から餅やお菓子をバラまくことを「ばあす」って言うんです。それを取ったり、拾う事を「ばう」っていうんです。これも余談です。

リードを首からはずし、柵の入り口を施錠し、「さあぁ出れるもんなら出てみろ。」後ろを何度も何度も確認し、見えなくなったら又戻って確認し・・・
出てきません。
2~3分物陰に隠れ様子を窺がってみましたが、出てきません。
やったね!! ばんざーい  完成です。  今夜こそ旨いビールを飲むぞー。

事務所に戻り溜まった仕事を片付けていた、その時です。大浴場の清掃担当者から電話です。

                「やぎが外に出ちゅうぜぇぇ!」
                                
                                   みっちゃん

やぎ日記  その4

昨日の11号台風凄かったです。ちょっと近年にない大荒れでした。
当館も看板は飛ぶは、広間のガラスが割れるは、自慢の桜の大樹が折れるは大変な被害でした。足摺はあちこちで被害がありました。
ところが、やぎ小屋の寝所・・・    ビクっともしてません。ネ、言ったでしょ風速70メートルでも大丈夫だって。

やぎ小屋③

さてさて炎天下の中、大汗をかいて補修が完璧に完成した柵に「リンリン」を入れました。
柵の周りをグルグルと回っています。出るところを探しているのでしょうか。
どうだ。参ったか!って感じです。

これで汗を流し、さあ今晩のビールの味は格別ゥゥ・・・になるはずだったんです。
笑顔で冗談話をしながら、仲間と道具を片付け、事務所に戻ろうとした時、うしろで「メェェェ~~、メェェェ~~」
ニコニコしながら軽い足取りでまさかの「リンリン」が、私の後を付いてきてるではありませんか。
その時の「リンリン」の顔・・・ 完全に私を見下してました。     確かに・・・

ビールどころじゃありません。 また小屋に戻り検証です。本当に超がっくりですよ。
中に「リンリン」を入れ、さあどうやって出るのか確認するため、外に隠れて、やさしい声で呼んだり、
好物の桃の葉を外に置いたりしましたが、彼女何を感じたのか一向に柵の外に出る気配がありません。
仕方ありません。彼女がその気なら、私たちが考えるしかありません。
出した結論は高さから判断すればまず首と前足を出し、後ろ足を下の横板にかけて出る。
これしか無い。なるほど、そういうことか。なかなか「リンリン」考えますねぇ、しかし頭はこちらが一枚上。
もう一段上の横板の間にもう一本横板を入れます。これでどこからも出れなくなるはずです。

りんりん⑦

くたくたなのに、また同じ作業をしなければなりません。完成したはずの柵で自由に遊ばす予定が、
情けない話ですが、柵の中でヒモに繋いでおかなければなりません。

「リンリン」がちょっと恨めしくなりました。
                                    みっちゃん

やぎ日記  その3

台風ますます凄くなってきました。

このブログ、「こうき君」と「たいと君」が「リンリン」のファンになって、「続き」を見たがってます。
外は大荒れの天候だし、今日2回目になりますが続きを書きます。
でもこのお話しするの二人に恨まれそうな・・・    心配です。

あんだけ逃げ回っていた「「リンリン」だんだん馴れてきました。手に乗せた餌を直接食べるようになり、私がそばを離れると寂しそうに鳴きます。   リードを外しても後ろを付いて来るようにまでなりました。

りんりん④-2

私を親と思っているのかしら? まさか恋人? そんな訳ありませんよね。(笑)
とにかく日に日に可愛くなっていきます。  しかし、うんめぇぇ~(運命)の日が訪れます。

やぎの角、大きくなるに従ってだんだん後ろに伸びていきます。
首をよく横に振るので、お客様に怪我でもさせたら大変です。 
私の甥っ子がたまたま獣医なので休みの日にホテルまで出張サービスしてもらい、角を切ってもらうことにしました。

3人がかりです。
まず「リンリン」を横倒しに前足、後ろ足を束めロープでしばり固定します。  頭もロープで固定します。
一人が頭を、一人が胴と足を動かないように押さえつけ、甥っ子が糸ノコ?のようなもので切断。
その時の鳴き声、すごっかった何てもんじゃありません。角にも神経通っているそうなので、痛いんでしょう。
遠くハワイまで聞こえそうなくらいの大声でした。近所から「何事?」って人が集まってきたくらいです。
切断したあとバーナーで傷口を焼き、抗生物質を塗り処置終了です。

りんりん⑤-2

甥っ子曰く「今夜は食欲もなく、ほとんど寝たきりの状態になるけど心配いらない。」って。
ウッソでした。1分もしないうちに立ち上がり爆食い状態(笑)  でも大事なく安心しました。
ちょっと左右の長さが違いますが、「リンリン」も「ちゃんと長さを揃え直して。」とは言わないでしょうね、きっと。

りんりん③-2
りんりん⑥-2


次回は「やぎ小屋」の話の続きに戻ります。
                                               みっちゃん

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE